荒木又右衛門(下)

アラキマタエモンゲ
  • 電子あり
荒木又右衛門(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

亡君の上意を得て、事情は一変する。又右衛門は安んじて義弟・数馬の願いを容れた。同じころ、長年の盟友河合甚左衝門もまた甥・又五郎のために起った。かくして、旗本と大名の対決という幕府を震撼させる危機を孕んだまま、伊賀上野鍵屋ヶ辻の決闘の朝は来た!史料の精査をもとに、日本3大仇討の1つとして芝居に講談に喧伝された虚飾と誇張を排しリアルな剣客像を創出した歴史文学の最高峰!

製品情報

製品名 荒木又右衛門(下)
著者名 著:長谷川 伸
発売日 1996年10月18日
価格 定価 : 本体854円(税別)
ISBN 978-4-06-262059-8
判型 A6
ページ数 356ページ
初出 「長谷川伸全集 第四巻」1971年朝日新聞社刊

オンライン書店で見る