荒木又右衛門(上)

アラキマタエモンジョウ
  • 電子あり
荒木又右衛門(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

寵童渡部源太夫を河合又五郎に殺害された岡山藩主・池田宮内少輔忠雄の怒りは、又五郎が、かねて池田家に遺恨を抱く旗本組に身を寄せるに及んで頂点に達する。そのころ、大和郡山で事態の進展を見守る源太夫の義兄・荒木又右衝門は、武門の意地と掟の狭間で深い苦悩の中にあった……。旗本対大名の対立と幕藩体制の緊張感を背景に、緻密な考証で仇討の本義を描き出す、本格歴史小説屈指の名作!

製品情報

製品名 荒木又右衛門(上)
著者名 著:長谷川 伸
発売日 1996年09月20日
価格 定価 : 本体854円(税別)
ISBN 978-4-06-262056-7
判型 A6
ページ数 370ページ
初出 「長谷川伸全集 第四巻」1971年朝日新聞社刊

オンライン書店で見る