自由と平等の昭和史 一九三〇年代の日本政治

講談社選書メチエ
ジユウトビョウドウノショウワシセンキュウヒャクサンジュウネンダイノニホンセイジ
自由と平等の昭和史 一九三〇年代の日本政治
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自由主義と社会主義の相克で昭和史を再検討
既成政党型の自由主義か社会大衆型の平等主義か―。
軍ファシズムの台頭によって忘れられた戦前の言論界・政界の大論争。
「格差か自由か」の原点がここにある!

目次

  • はじめに――忘れられてきた「対立相剋」 坂野潤治
  • 第1章 反ファッショか格差是正か――馬場恒吾と蝋山政道 坂野潤治
  • 第2章 民政党の2つの民主主義――永井柳太郎と斎藤隆夫 田村裕美
  • 第3章 「革命」と「転向者」たちの昭和――野上彌生子を読む 北村公子
  • おわりに――「大正デモクラシー」と「昭和デモクラシー」 坂野潤治

製品情報

製品名 自由と平等の昭和史 一九三〇年代の日本政治
著者名 編:坂野 潤治
発売日 2009年12月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258456-2
通巻番号 456
判型 四六
ページ数 202ページ
シリーズ 講談社選書メチエ