「女は「政治」に向かないの?」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
女は「政治」に向かないの?

「女性活躍」が叫ばれる一方で、女性国会議員は約1割と未だ政治から遠い位置にある。
野田聖子、小池百合子ら彼女たちは、なぜ政治を志し、どう壁を打ち破っていったのか。
そして、女性が自分らしさを失わずに、社会で生き抜いていくためにはどうすればいいのか。
政治記者が見聞きした、女性政治家の本音と人生の泳ぎ方。

「「もう強い日本を目指さなくっていいんじゃないかと思う。人口減で、かつての高度経済成長みたいなことはありえない。でも、男性たちはその幻影を今でも追っているよね。(中略)そうじゃなくて、国民をもっと自由にしてあげたらいいと思う」 野田聖子

「かわいいね、若いねと言われているうちにいかに自分にスキルをつけるか。そこからが本当の勝負。30代、40代になって『あなたがいないと困る』と言われるようなオンリーワンになるということですね」小池百合子

7人の女性政治家たち
切り拓く女――野田聖子(総務大臣)
強かな女――小池百合子(東京都知事)
蘇る女―――辻元清美(衆議院議員)
ドラマな女――山尾志桜里(衆議院議員)
おばちゃんな女―中川智子(宝塚市市長)
普通な女――高井美穂(徳島県議)
めげない女―嘉田由紀子(元滋賀県知事)

女性の目から見れば、政治の世界の奇妙さがわかる!