江戸歌舞伎の怪談と化け物

講談社選書メチエ
エドカブキノカイダントバケモノ
江戸歌舞伎の怪談と化け物
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

耽美と残酷。大江戸ワンダーランドへの招待 化け猫・妖狐・怨霊。怖いけれど面白い娯楽の王様。宙乗り・水くぐり・早変わりとさまざまな仕掛けを駆使し恐怖と陶酔へと誘う、スペクタクルショーを活写する。

目次

  • 第1章 夏は水中早替り
  • 第2章 玉藻前は人気者
  • 第3章 バケネコ・ミステリー・ツアー
  • 第4章 おばけごっこは、みんな大好き!
  • 第5章 劇場を飛び出す歌舞伎役者
  • 第6章 フランケンシュタインとお岩、そしてその子どもたち
  • 第7章 「化ける女」に化けるのは男
  • 第8章 恋するオサカベ

製品情報

製品名 江戸歌舞伎の怪談と化け物
著者名 著:横山 泰子
発売日 2008年09月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258421-0
通巻番号 421
判型 四六
ページ数 234ページ
シリーズ 講談社選書メチエ