知の教科書 フロイト=ラカン

講談社選書メチエ
チノキョウカショフロイトラカン
編・その他:新宮 一成 編・その他:立木 康介
知の教科書 フロイト=ラカン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

創造したフロイト、再創造したラカン
人間を考える一筋の思想系がわかる

フロイトの独創的な発見は、ラカンによってすべて掬い取られ、深く大きく展開された。「無意識」は「他者の語らい」として、「エディプスコンプレクス」は「シニフィアンの導入」として。人間の「現実」を追究した思想の系としてのフロイト=ラカンが本当にわかる1冊。

目次

  • 第1部 ラカンからフロイトへ遡ること
  • 第2部 フロイト=ラカンのキーワード
  • 第3部 3次元で読むフロイト=ラカン
  • 第4部 知の道具箱――フロイト=ラカンを読むために

製品情報

製品名 知の教科書 フロイト=ラカン
著者名 編・その他:新宮 一成 編・その他:立木 康介
発売日 2005年05月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258330-5
通巻番号 330
判型 四六
ページ数 260ページ
シリーズ 講談社選書メチエ