知の教科書 キリスト教

講談社選書メチエ
チノキョウカショキリストキョウ
知の教科書 キリスト教
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

楽しい「知」の世界へようこそ――
世界最大の宗教、要するにどんなこと?

よく聞くけれど正しくは知らない世界。
聖書には何が書かれているか。
一神教とはどのような考え方か。
ユダヤ教との違いは何か。
日本人がなかなか理解できにくいキリスト教の基本を、様々な角度から平易に解説する。

〔本書の内容〕
●教養としてのキリスト教
●キリスト教を読む
●キーワードで考えるキリスト教
●キリスト教と歴史
●イエスは何語で話したか
●どのような宗教とどのように関わるか

目次

キリスト教と歴史
  2 イエスは存在したか
  3 イエスは何語で話したか
  4 イエスの物語は書けるのか
  5 イエスのオリジナリティ
  6 ユダがイエスを裏切ったわけ
  7 アダムとイヴとイエス
  8 キリスト教は女嫌いか──妻帯司祭の話
  9 どのような宗派とどのように関わるか
  10 カトリックはフォークロアか その1──幼きテレジアの起こしたフィーバー
  11 カトリックはフォークロアか その2──ブルターニュのケルトの祭
  12 信仰としてのキリスト教

知の道具箱
  1 ブックガイド
  2 キリスト教の二〇〇〇年
  3 知の練習問題

 おわりに

製品情報

製品名 知の教科書 キリスト教
著者名 著:竹下 節子
発売日 2002年09月10日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-258249-0
通巻番号 249
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る