謎解き・海洋と大気の物理

ブルーバックス
ナゾトキカイヨウトタイキノブツリチキュウキボデオキルナガレノシクミ
  • 電子あり
謎解き・海洋と大気の物理
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

海と大気に働く不思議な力! すべての謎を解くかぎは「コリオリの力」にある! 高低差がない海に、海流があるのはどうしてだろう? エルニーニョが近隣諸国だけでなく、遠い日本にも影響をおよぼすのはなぜだろう? 大海原や広大な空でおきる不思議な現象の数々を演出する「コリオリの力」の正体に迫りながら、海洋物理学から気象学、気候学までわかりやすく解説する入門書。(ブルーバックス・2003年7月刊)


海と大気に働く不思議な力!

すべての謎を解くかぎは「コリオリの力」にある!
高低差がない海に、海流があるのはどうしてだろう?
エルニーニョが近隣諸国だけでなく、遠い日本にも影響をおよぼすのはなぜだろう?
大海原や広大な空でおきる不思議な現象の数々を演出する「コリオリの力」の正体に迫りながら、
海洋物理学から気象学、気候学までわかりやすく解説する入門書。

<海洋と大気の「なぜ」?>
●平らな大海原に「海流」があるのは、なぜ?
●赤道直下で冷たい海水が湧き昇っているのは、なぜ?
●台風が、赤道上ではなく北緯15度付近で発生するのは、なぜ?
●黒潮とメキシコの湾流。大洋の西の端に強い海流ができるのは、なぜ?
●高気圧だと天気が良くて、低気圧だと悪いのは、なぜ?

目次

  • 序章 海洋と大気の世界へようこそ!
  • 第1章 海流と気流は兄弟
  • 第2章 海と大気の違い
  • 第3章 海流と気流のシステム
  • 第4章 エルニーニョを解く
  • 第5章 自転する球体
  • 第6章 深層循環のメカニズム
  • 第7章 海が語る地球の気候
  • 終章 社会と科学とのかかわり方

製品情報

製品名 謎解き・海洋と大気の物理
著者名 著:保坂 直紀
発売日 2003年07月19日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-257414-3
通巻番号 1414
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る