江戸300藩 県別うんちく話

講談社+α文庫
エド300ハンケンベツウンチクバナシ
  • 電子あり
江戸300藩 県別うんちく話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治以来の近代日本には、300年もの徳川幕府の太平が先立ち、日本は300の藩に分かれていた。本書では、全国47都道府県別に分け、戦国時代から幕末までの流れ――300藩の成り立ちから藩主の統治ぶり、さらにいまなお残る名所旧跡まで、すべてを網羅!! 江戸時代の日本の姿を知って、現在の日本という国を理解し、わが生まれ故郷の藩を想う!! お城や城下町好きのための観光ガイドとしても最適!!


書き下ろし!!
江戸を知って、現在の日本を理解し、故郷の藩を想う!!

徳川時代、日本は300もの藩に分かれていた。
全国47都道府県別に分け、300藩の成り立ちから藩主の統治ぶり、
いまなお残る名所旧跡まで、すべてを網羅!!

明治以来の近代日本には、300年もの徳川幕府の太平が先立ち、日本は300の藩に分かれていた。
本書では、全国47都道府県別に分け、戦国時代から幕末までの流れ――300藩の成り立ちから藩主の統治ぶり、さらにいまなお残る名所旧跡まで、すべてを網羅!!
江戸時代の日本の姿を知って、現在の日本という国を理解し、わが生まれ故郷の藩を想う!!お城や城下町好きのための観光ガイドとしても最適!!

製品情報

製品名 江戸300藩 県別うんちく話
著者名 著:八幡 和郎
発売日 2003年06月21日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-256750-3
判型 A6変型
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社+α文庫

著者紹介

著:八幡 和郎(ヤワタ カズオ)

1951年、滋賀県大津市に生まれる。東京大学法学部を卒業後、通商産業省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。北西アジア課長、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを経て退官後、評論家・テレビコメンテーターとして活躍。現実の政治や経済についての豊富な知識経験から、歴史の謎を鋭くユニークに分析する。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る