昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代

ショウワニヒヲツケタオトコアオシマユキオトソノジダイ
  • 電子あり
昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

都知事として多くの批判を浴びたために評価を下げ、2006年に74歳で没してからは顧みられることも少なくなった青島幸男。本書は彼の再評価を狙い、その人生を時代背景とともに一気に描き切る、最初の公認評伝である。青島にとって民主主義とは庶民一人一人のもの、東京の風景とは「水」と切り離せないもの。家族の証言も秘蔵写真もたっぷり収めて、青島が考え、行動した軌跡を再現。秋元康氏推薦。


「僕は青島幸男の孫弟子に当たる。
 だから、青島幸男はいつも僕のずっと前にいた。
 放送作家、作詞家として、追いかけるのだが、
 その差はどんどん広がり、
 決して追いつけない存在だと気づかされる。
 わかっていましたけどね……」
(秋元康)

昭和、平成を通じて、青島幸男は、時代の節目節目に、私たちにとって
不思議に親しみ易い存在として登場してきた。
高度成長期のテレビ時代に脚本作家として。
日本が経済大国だった時期には参議院議員として。
そして、平成には都知事として。
きっと、様々な世代の人々の心象風景の中のどこかに
「青島幸男」がいるはずである。

そんな青島は、よくこう漏らしていた。
「自分には友達はいない」。

青島は特定の友達を求めず、不特定多数の庶民を友としていたわけである。
私たち庶民が青島のことを何となく親しみやすく感じるのも、
青島のこの心性があってこそだろう。

本書では、あまりに幅広く活躍した青島の活躍を追いながら、
その素顔を深く掘り下げようと試みる。

一方で、青島が友とした庶民、具体的には「東京」の人々が
見ていた風景はどのようなものだったのか。

そこで、時代を映す鏡として青島幸男の軌跡を追うだけでなく、
昭和、平成の時代を生きた私たち自身の道行きを振り返っていく。

さらに、青島の遺児である作家・青島美幸も参加。
家族から見た青島はどのような存在だったのか、
どのような苦悩を抱え、どのように振る舞っていたのか。
「おしまいチャンチャン」。
娘が初めて明かすその晩年と死が、本書の掉尾を飾る。

目次

  • 1 終戦から昭和30年代、青島幸男の原風景
  • 2 高度経済成長期、テレビとともに疾走
  • 3 政治の季節、35歳で飛び込んだ国政の世界
  • 4 直木賞、抗議の議員辞職、がん闘病
  • 5 都知事当選! わが東京よ…
  • 娘語り青島一代記「おしまいチャンチャン」

製品情報

製品名 昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代
著者名 著:森 炎 著:青島 美幸
発売日 2013年12月25日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218752-7
判型 四六
ページ数 250ページ

著者紹介

著:森 炎(モリ ホノオ)

森炎(もり・ほのお、弁護士)
1959年生まれ。東京大学法学部卒。
東京地裁、大阪地裁などの裁判官を経て、現在、弁護士(東京弁護士会所属)。
裁判官時代には、官民交流で、最高裁から民間企業に派遣され、一年間、三井住友海上火災保険(株)に出向勤務した。
著書、『死刑と正義』(講談社現代新書)、『量刑相場』(幻冬舎新書)、『裁く技術』(小学館101新書)、『裁判員のためのかみくだき刑法』(学研新書)、『あなたが裁く!「罪と罰」から「1Q84」まで』(日本経済新聞出版社) 、『司法殺人』(講談社)ほか多数。

著:青島 美幸(アオシマ ミユキ)

青島美幸(あおしま・みゆき、作家)
1959年生まれ。
著書『みんなブスを好きになれ』(集英社)ほか多数。
31歳のとき出版社「パロディ社」を設立し、癒しの絵本『ダールンの虹』シリーズ4冊を出版。
現在も放送作家などの執筆活動をはじめ、講演など、タレントとしての仕事も数多くこなしている。

オンライン書店で見る