「無冠の男 松方弘樹伝」既刊・関連作品一覧

無冠の男 松方弘樹伝

じっくりと話を聞きながら、一冊の本にまとめるつもりでした。 しかし、3度目のインタビューが終わった約2ヵ月後、松方弘樹さんは突然病魔に襲われました。およそ1年にわたる必死の闘病を続けるも、2017年1月21日に永眠・・・あまりにも突然のお別れでした。 インタビューでは心に残る台詞をいくつもいただきました。 「役者に勲章は要らない。他人様(ひとさま)の記憶に残ればそれでいい・・・」 「僕は役者ですから総理もやくざも関係ない。人間的魅力のある人には否応なく惹かれるし、演じてみたい」 「役者っていうのはありのままの自分を見せるもんじゃない。作りものの面白さを見せるものだ」 無冠こそ我が誇り・・・・そう自負してやまない人でした。 「最後の俳優」松方弘樹のラストインタビューです。 ――独自の役者道を駆け抜けた唯一無二の俳優、松方弘樹――その熱すぎる人生を、『映画の奈落』の著者・伊藤彰彦氏が活写します。