東京湯巡り、徘徊酒 黄昏オヤジの散歩道

トウキョウユメグリハイカイシュタソガレオヤジノサンポミチ
  • 電子あり
東京湯巡り、徘徊酒 黄昏オヤジの散歩道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

駅を降りてたどり着くは、今もしぶとく残る銭湯。体を洗って湯につかる。「あっあー」なんて思わずため息を漏らしながらタイル絵を眺めたり。先客のマナーをチェック、ついでに体重をチェック。その後はもちろんキューッと生ビール。近所の名店に飛び込みで入り、ひとりオススメの肴に舌鼓。ウメェ! もう一杯! 安くて嬉しいオヤジの極楽黄金コースを伝授しまくる、夢のイラスト&エッセイ&ガイドブック!


銭湯でひとっ風呂浴びて、思いっ切りサッパリしてからちょいと居酒屋で一杯。
これぞオヤジの極楽黄金コース!
「千ベロ」つまり、「千円札プラスアルファでベロベロになれる酒場」ブーム到来に投入する本書は「銭湯に入った後で安くベロベロ」略して「銭ベロ」を提案します。
都心から郊外まで、銀座から南千住まで、著者が下車した適当な駅がターゲット。まずはそこで目に付いた銭湯へ。価格、番台、設備、タイル絵のスタイル、入浴者のマナー、サウナの有無、などなどさまざまな項目をガイドしつつたっぷり汗を流し、最後に体重をチェックして出ます。
次はお楽しみの酒場パート。銭湯で情報を仕入れた、近所のオススメの店にフリの客として入り、やはりそのお店でオススメのメニューに舌鼓を打ちます。
風呂で汗かき即ビール、そしてうまい酒肴。人生の喜びはこれに勝るものはありません。
駅前探訪ガイドブックとしてもエッセイとしても楽しめる、安くておいしい傑作の誕生!

目次

  • ・銀座 今春湯→三州屋
  • ・市ヶ谷柳町 柳湯→つず久
  • ・南千住 梅の湯→丸千葉
  • ・護国寺 大黒湯→百円亭主と時代屋の女房
  • ・十条 十條湯→斎藤酒場
  • ・亀戸 隆乃湯→松ちゃん
  • ・四ッ谷 塩湯→弥助
  • ・豪徳寺 鶴の湯→風林(+中華満来)
  • ・代々木八幡 八幡湯→七福
  • ・大井町 末広湯→肉のまえかわ→いち福
  • ・学芸大学 鷹番の湯→吉兵衛
  • ・赤羽 第二岩の湯→まるます屋→八起
  • ・駒込 亀の湯→逆転ゥラブ
  • ・中目黒 光明泉→藤八
  • ・浅草 蛇骨湯→もつ政
  • ・池尻大橋 文化浴泉→基久屋
  • ・蓮沼 はすぬま温泉→八幸
  • ・町屋 清吉湯→小林
  • ・下高井戸 月見湯→坂本
  • ・高円寺 小杉湯→大陸バー彦六
  • ・東北沢 石川湯→熊八
  • ・吉祥寺 よろづ湯→飛騨
  • ・西荻窪 天狗湯→むし箱
  • ・目黒 高松湯→丸富水産
  • ・三軒茶屋 富士見湯→山梅
  • ・池袋 栄湯→次郎長
  • ・祖師ヶ谷大蔵 そしがや温泉21→丸福
  • ・武蔵小山 武蔵小山清水湯→ぴょん吉
  • ・八丁堀 湊湯→ふらの
  • ・月島 月島温泉→岸田屋→勘ちゃん村
  • ・沼袋 一の湯→ホルモン
  • ・浜田山 浜の湯→和田屋
  • ・御徒町 燕湯→喜楽
  • ・大塚 大塚記念湯→つづみ
  • ・聖蹟桜ヶ丘 立花浴泉→狼林
  • ・幡ヶ谷 仙石湯→ニーハオ
  • ・高田馬場 世界湯→一歩
  • ほか、銭湯ルポと酒場ルポの夢の融合、イラストマップつき!

製品情報

製品名 東京湯巡り、徘徊酒 黄昏オヤジの散歩道
著者名 著:島本 慶
発売日 2012年12月18日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-217916-4
判型 四六
ページ数 170ページ
初出 『週刊漫画ゴラク』誌に連載されたものに加筆修正をしたもの。

著者紹介

著:島本 慶(シマモト ケイ)

ライター兼漫画家兼イラストレーター。
1952年山口県岩国市生まれ。特殊歌謡バンド「ペーソス」のヴォーカルとしても活躍。
ユーモラスな中にもペーソスとアイロニーが滲む人生の実相を照らす筆致には定評があり、一部に熱狂的ファンを持つ。
著書『一食100円の幸せ』(バジリコ)、『舐達磨』(双葉社)、『ピエール・ナメダルマンの突撃潜入オチュケベチンニュールポ!』(東京三世社)ほか多数ある。

オンライン書店で見る