日月めぐる

文芸(単行本)
ニチゲツメグル
日月めぐる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

美しき渦に巻き込まれた男女の行方――
「だったら、ずっとここにいたらいいのに」
江戸末期、駿河の小藩に流れゆく時、川、そして人。名手が丹念に紡いだ珠玉の7篇。

「ほんとうに、吸い込まれてしまいそうだ。両側に迫った山のせいで狭まった流れを、ごつごつした岩がなおもさえぎろうとしている。さえぎられてたまるかと、川の水は怒ったように飛沫を噴き上げ、ぬれそぼった黒い岩に挑みかかる。けれど、いがみ合っているだけではなかった。ここには調和があった。薄青と紺と藍と紫苑と群青と縹色と裏葉色と御納戸色と浅葱色と、そしてかがやく紺碧……水にかかわるありとあらゆる色の濃淡が、きらめく陽光と溶け合って、渦という摩訶不思議な世界を創り出している。」――<本文より>

製品情報

製品名 日月めぐる
著者名 著:諸田 玲子
発売日 2008年02月29日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-214613-5
判型 四六
ページ数 278ページ
初出 収録作品参照

書店在庫を見る