馬琴の嫁

文芸(単行本)
バキンノヨメ
馬琴の嫁
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あなたの苦労は世のためになるものだ。きっと大きく報われるときがくる。
滝沢馬琴のひとり息子と結婚した土岐村てつ。
優しそうに見えた夫は癇性持ちで、舅は何でも自分で仕切らないと気がすまない。
心の休まる日はないが、持ち前の明るさで乗り切れる!?
著者初めての時代小説

翌日、婚礼の気疲れでてつは朦朧としていた。そこへ馬琴から聞かされたのは、改名の話だった。縁戚にてつという名前の者がいてまぎらわしいので、土岐村の両親と相談して、「みち」とするというのである。「みちでございますか」これまでてつだったのが、急に今日からみちだといわれても、そうでございますかとしかいいようがない。――<本文より>

製品情報

製品名 馬琴の嫁
著者名 著:群 ようこ
発売日 2006年11月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-213708-9
判型 四六
ページ数 230ページ
初出 『小説現代』2004年7月号、9月号、11月号、2005年1月号、3月号、5月号、7月号、9月号、11月号、2006年1月号、3月号に掲載された作品に加筆、修正。

書店在庫を見る