大江戸妖美伝

文芸(単行本)
オオエドヨウビデン
大江戸妖美伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

狐が「コーン!」
目覚めたところは江戸の家。姿絵の不思議が誘(いざな)う洋介といな吉の長閑(のどか)な江戸暮らし。

“本当の豊かな暮らし”を送る文政年間の江戸を図版入りで描く、大江戸神仙伝シリーズ第7弾。

「あっちこっちへ行きたい」――辰巳芸者いな吉と洋介が歩く江戸の春から初夏。日本橋十軒店の雛市、芝愛宕下大名小路での唄の稽古、根岸の里の佇まい、深川洲崎の潮干狩り、浅草奥山の見世物、水道橋森山の鰻……。文政の江戸へ転時した洋介と、辰巳芸者いな吉の江戸暮らし。図版付き書き下ろし長編。

製品情報

製品名 大江戸妖美伝
著者名 著:石川 英輔
発売日 2006年02月23日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-213281-7
判型 四六
ページ数 302ページ