半次捕物控 命みょうが

文芸(単行本)
ハンジトリモノヒカエイノチミョウガ
半次捕物控 命みょうが
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

のっぴきならない事件はいつも、半次のもとへ持ち込まれる

番屋に連れ込まれ、10日間だんまりを続ける田舎侍。
浅葱裏だが顔は公家風。ずぼらに見えてめっぽう腕は立つ。
この侍、何者なのか。

半次が縄張りにしている堀江町、小舟町、小網町、魚河岸の一部は大店あり小店ありで、それらの店はしょっちゅう引合をつけられていた。引合を抜いてもらうには一分、とだいたい相場が決まっている。毎日1つずつこなして月に七両と二分。それくらいなければ遣り繰りは難しい。半次はほぼ午前中一杯、引合茶屋や寄合茶屋に顔をだし、引合をつけられた大店、小店の主人にかわって引合を抜く交渉をした。

製品情報

製品名 半次捕物控 命みょうが
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2002年07月15日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-211323-6
判型 四六
ページ数 314ページ
初出 備考参照

書店在庫を見る