命みょうが 半次捕物控

講談社文庫
イノチミョウガハンジトリモノヒカエ
  • 電子あり
命みょうが 半次捕物控
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

薬師様の門前で、町娘の尻をさわったとして番屋に連れ込まれた田舎侍。身元を明かさず、10日間だんまりを続ける男の身柄を半次が預かり、調べをはじめる。蟋蟀小三郎と名乗る、このめっぽう腕の立つ不遜な男は疫病神なのか。町娘の事件解決後も、小三郎の謎に迫る半次の身に、厄介事が次々と降りかかる。(講談社文庫)


江戸の名物男、「疫病神」蟋蟀小三郎が登場シリーズ待望の第三弾。疫病神の蟋蟀小三郎が初登場。圧倒的な剣の使い手にして、遠慮しらずの不遜な男が、江戸と半次をかきまわす。半次は小三郎の過去に迫る。

目次

  • 第一話 蟋蟀小三郎の新手
  • 第二話 博多の帯
  • 第三話 斬り落とされた腕
  • 第四話 関東の連れション
  • 第五話 命みょうが
  • 第六話 用人山川頼母の陰謀
  • 第七話 朧月夜血塗骨董
  • 第八話 世は太平、事もなし

製品情報

製品名 命みょうが 半次捕物控
著者名 著:佐藤 雅美
発売日 2005年07月15日
価格 定価:692円(本体629円)
ISBN 978-4-06-275130-8
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’02年7月、小社より刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る