火の山 山猿記(下)

文芸(単行本)
ヒノヤマヤマザルキ
火の山 山猿記(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

焼け野原に響きわたる、歎きの声と歓びの歌。土地を離れ、悲しみを超え、女たちは語りだす。空を駆ける馬、サファイアの目の子ども、そして石や木の語る物語。
この時代を語りつぐ世界文学の誕生

由紀子もこの絵を知っていることだろう。……
そのときの私には、どうしてもそれは、「燃える石」をくわえた女の像にしか見えなかった。憤怒のアシュラであり、悲哀の老婆であり、イノセントに笑う少女でもあった。
……私には「戦争」という連想は働かなかった。それは笛子の怒り、悲しみ、喜びの姿だった。冬吾に対する愛の姿なのだった。――(本文より)

製品情報

製品名 火の山 山猿記(下)
著者名 著:津島 佑子
発売日 1998年06月01日
価格 定価:2,420円(本体2,200円)
ISBN 978-4-06-209091-9
判型 四六
ページ数 430ページ
初出 『群像』’96年8月号~’97年8月号

書店在庫を見る