こどもの病気の地図帳

コドモノビョウキノチズチョウ
こどもの病気の地図帳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

《講談社 地図帳シリーズ》

【小児疾患のすべてを初めてカラーアトラス化】
発育期の〈からだ〉と〈病気〉がわかる!

こどもの病気の特徴、こどもに多い症状の見方・考え方、病気の全体像を含め徹底図解でやさしく解説。
こどもに多い事故と対応も。
大好評の地図帳シリーズ第5弾!

本書は、“こどもの病気”の本質をふまえ、おもに乳児期以降の主要な疾患の原因、発病のしくみ、病気の状態、経過などを端的に把握できるように、カラーイラストや図版、写真を多用してわかりやすく図解しています。
とくにからだのしくみや病気の状態を可能な限り正確に描き記述することを心がけました。
一目で病気の全体像が概観でき、からだの構造・はたらきと病気との関係や病理像が読みとれ、おのずと“こどもの病気”を理解する上に必要な最低限の医学知識が得られる構成になっています。

《本書の特色と内容》
●こどもの病気の特徴――早わかり
●こどもに多い主要症状の見方・考え方
●日常よくみられる代表的な病気の全体像を徹底図解――観察のポイントと対応も充実
●こどもに多い事故と対応――なにをすべきか、なにをしてはならないか
●現行予防接種一覧

《本書の主要なもくじ》
1.発達と症状・病気
2.頭とくびの病気
   〔脳・神経の病気〕
  〔眼・耳・鼻の病気〕
  〔口・のどの病気〕
3.胸部の病気
   〔気管・気管支・肺の病気〕
   〔心臓の病気〕
4.腹部の病気
   〔胃・腸・肝臓の病気〕
  〔腎臓・尿路・泌尿器の病気〕
5.全身の病気
   〔感染症・皮膚・免疫・アレルギーの病気〕
  〔精神・循環・血液・造血器の病気〕
   〔栄養・代謝・内分泌の病気〕
  〔骨・関節・筋肉の病気と腫瘍〕
6.こどもの事故と対応

目次

  • 《1 発達と症状・病気》
  • からだの成長・発達と病気/運動・精神機能の発達と病気/発熱/けいれん/発疹(皮疹)/腹痛/嘔吐/黄疸 ●脳重量の変化と心の動きの変化
  • 《2 頭とくびの病気》
  • 〔脳・神経の病気〕 てんかん/脳性麻痺/髄膜炎/頭部外傷 
  • 〔眼・耳・鼻の病気〕 屈折異常、斜視/結膜炎/外耳炎、中耳炎/難聴/アレルギー性鼻炎-花粉症/副鼻腔炎(蓄膿症)
  • 〔口・のどの病気〕 むし歯、歯肉炎/口内炎-ヘルペス性口内炎、ヘルパンギナ、手足口病/扁桃肥大、アデノイド/上気道炎-咽頭炎、喉頭炎 ●加齢による下顎骨の変化
  • 《3 胸部の病気》
  • 〔気管・気管支・肺の病気〕 かぜ症候群-インフルエンザ/気管支炎、細気管支炎/肺炎-マイコプラズマ肺炎/気管支喘息(小児気管支喘息)/百日咳/
  • 〔心臓の病気〕 先天性心疾患/不整脈 ●出生前と出生後の主要な血液循環の変化
  • 《4 腹部の病気》
  • 〔胃・腸・肝臓の病気〕 小児下痢症-乳幼児下痢症、急性胃腸炎/消化性潰瘍-胃潰瘍、十二指腸潰瘍/腸重積症/急性虫垂炎/鼠径ヘルニア、臍ヘルニア/肝炎-ウイルス性肝炎
  • 〔腎臓・尿路・泌尿器の病気〕 糸球体腎炎(腎炎)/ネフローゼ症候群/尿路感染症/夜尿症/陰嚢水腫、停留睾丸 ●成長にともなう胃の形態変化
  • 《5 全身の病気》
  • 〔感染症・皮膚・免疫・アレルギーの病気〕 突発性発疹/麻疹(はしか)/風疹(三日はしか)/水痘(水ぼうそう)/伝染性紅斑(りんご病)/流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)ほか
  • 〔精神・循環・血液・造血器の病気〕 行動と心の問題/心身症/起立性調節障害/貧血-鉄欠乏性貧血/白血病、悪性リンパ腫ほか
  • 〔栄養・代謝・内分泌の病気〕 肥満/糖尿病(小児糖尿病)/成長障害-低身長/熱中症-熱射病、日射病/脱水症
  • 〔骨・関節・筋肉の病気と腫瘍〕 先天性股関節脱臼、白蓋形成不全/内反足、外反足、O脚、X脚/脊柱側彎症/スポーツ障害/下肢痛/小児がん ●年齢による主要気管発達の割合
  • 《6 こどもの事故と対応》
  • やけど/誤飲、誤嚥/外傷-頭のけが/外傷-くび・背中・胸・おなか・手足のけが
  • 《現行予防接種一覧》
  • 《さくいん》

製品情報

製品名 こどもの病気の地図帳
著者名 監:鴨下 重彦 監:柳澤 正義
発売日 2002年11月20日
価格 定価 : 本体4,000円(税別)
ISBN 978-4-06-206605-1
判型 A4変型
ページ数 190ページ

著者紹介

監:鴨下 重彦(カモシタ シゲヒコ)

1934年、室蘭市生まれ。東京大学医学部卒。ロスアンジェルス小児病院、アインシュタイン医科大学留学。 自治医科大学小児科教授、東京大学医学部小児科教授、医学部長を経て1994年4月国立国際医療センター院長、同総長、2000年名誉総長。2006年6月まで賛育会病院長。専門は小児科学、小児神経学。2011年11月逝去。

監:柳澤 正義(ヤナギサワ マサヨシ)

1939年、東京生まれ。東京大学医学部卒。自治医科大学小児科助教授、同教授を経て1994年東京大学医学部小児科教授。 停年退官後、国立大蔵病院長、2002年3月、国立成育医療センター開院にともない病院長に就任。同総長、2005年名誉総長。日本子ども家庭総合研究所長、2012年名誉所長。専門は小児科学、小児循環器病学、小児保健学。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス