幻想としての文明

ゲンソウトシテノブンメイ
幻想としての文明
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文明論の“常識”はもう通用しなくなった!東欧の大激動、共産主義の瓦解は何を意味しているのか?14世紀に始まった近代文明は1993年に大転機を迎えようとしている。今こそ文明とは何かを考える時だ

製品情報

製品名 幻想としての文明
著者名 著:栗本 愼一郎 装丁:川上 成夫
発売日 1990年10月05日
価格 定価:1,388円(本体1,262円)
ISBN 978-4-06-204969-6
判型 四六
ページ数 326ページ

書店在庫を見る