生き仏になった落ちこぼれ 酒井雄哉大阿闍梨の二千日回峰行

イキボトケニナッタオチコボレサカイユウヤダイアジャリノニセンニチカイホウコウ
生き仏になった落ちこぼれ 酒井雄哉大阿闍梨の二千日回峰行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

感動・必読のノンフィクション大作
なぜかくも荒行に挑むのか
死臭ただよう「堂入り」、死に装束を身にまとい、自害用の剣を身にたずさえての「回峰行」――生と死の交錯する極限のドラマを活写。

「現代の生き仏」――とたたえられる酒井雄哉大阿閣梨。師はなぜ仏門に入ったのか。予科練で迎えた敗戦、ラーメン屋、旋盤工など職を転々と変え、新妻は自殺。人間失格ともいえる青春――。39歳のとき比叡山に登り、仏門に入る。「捨身苦行」を志し、「千日回峰」に入る。「生き葬式」といわれる、不眠・不臥・断食・断水の9日間の「堂入り」をはじめ、凄絶な荒行に挑み、7年の歳月をかけて満行。史上2人を数えるのみの2千日回峰も達成。――師の半生を通し、日本人の生き方を問う感動の話題作。

壮絶な行のありさまを今、酒井阿閣梨が話す。
「3日すぎて4日目ごろから死のにおいがしてきたっていうね。そのうちに点々と死斑があらわれてきたのがわかった。しかしお経を唱えるのが大変なの。量が多くて。だから睡魔などは入りこむすきはなく、かえって感覚は異様に冴えわたってくる。自分の体内からすべてよごれたものが浄化されて、体全体が透明になっていくというか、そんな感じだね。そりゃ実際は朦朧(もうろう)としているんだろうけども、線香の灰がゆっくりと落ちて、それが粉々にくだけるさまが、まるでスローモーションのようにはっきり見えて、そのくだける音まで聞こえるんだ」

製品情報

製品名 生き仏になった落ちこぼれ 酒井雄哉大阿闍梨の二千日回峰行
著者名 著:長尾 三郎 装丁:市川 英夫
発売日 1988年12月12日
価格 定価:1,324円(本体1,204円)
ISBN 978-4-06-204197-3
判型 四六
ページ数 266ページ

書店在庫を見る