風景の向こうへ・物語の系譜 現代日本のエッセイ

講談社文芸文庫
フウケイノムコウヘモノガタリノケイフ
風景の向こうへ・物語の系譜 現代日本のエッセイ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

風景の彼方に草木1本だに見つけられぬ熱砂があるのか、地の果てにはあの名づけられない森羅万象の空洞があるのか、読者と共に見定める覚悟を今、改めて確認する。韓国をめぐって書かれた表題作、たゆまず続けてきた佐藤春夫、折口信夫らの物語の解読の試み――。それらの1回目の報告、と著者自らが語る『地の果て 至上の時』に呼応する第3エッセイ集。

リキに会ったのは東京に着いた日の次の日、私が18歳のとき、新宿のモダンジャズ喫茶店「ジャズ・ヴィレッジ」で、である。それから何年経ったろう、私はこの夏44歳になった。(略)私は、方々に旅はしたが、ずっと東京にいた。当時書いていた詩をやめたが、小説は書いている。まだこれからも書き続けるはずだ。――<「新装版序文」より>

製品情報

製品名 風景の向こうへ・物語の系譜 現代日本のエッセイ
著者名 著:中上 健次 解説:井口 時男
発売日 2004年12月11日
価格 定価 : 本体1,350円(税別)
ISBN 978-4-06-198391-5
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 96年8月集英社刊『中上健次全集15』を根底とし、「物語が輪舞する」のみ、’90年10月冬樹社刊『新装版 風景の向こうへ』を根底とした。