私本太平記(二)

シホンタイヘイキ
  • 電子あり
私本太平記(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉幕府が開かれてから130年、政治のひずみが到るところに噴出していた。正中ノ変はその典型的な例である。そして公武の亀裂はますます拡大し、乱世の微候が顕然となった。「天皇御むほん」さえ囁かれるである。当時は両統迭立(てつりつ)の世、後醍醐天皇が英邁におわすほど、紛擾のもととなった。この間、足利高氏が権門の一翼として擡頭し、再度の叛乱に敗れた日野俊基とは明暗を大きく分ける。


公武の亀裂は益々拡大し、乱世の徴候が……。後醍醐天皇をめぐる政情不安の間に、足利高氏が権門の一翼として抬頭し、再度の叛乱に敗れた公卿の日野俊基とは明暗の色を大きく分ける。そして楠木正成は……。

目次

  • ■婆娑羅帖(つづき)
  • 草もみじ
  • 散所市
  • 鷹の巣
  • ■みなかみ帖
  • 石の降る夜
  • 蝶の親
  • 初瀬ざんげ
  • みなかみの家
  • 雨情風心
  • 波々々
  • 天皇御むほん
  • かわりばんこ
  • 俊基斬られ
  • 佐渡へ
  • くまわか草子
  • ■帝獄帖
  • 山門の二皇子
  • 女房車
  • 笠置の山
  • 夢告抄
  • 鳴 動

製品情報

製品名 私本太平記(二)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年02月05日
価格 定価:785円(本体714円)
ISBN 978-4-06-196564-5
判型 A6
ページ数 460ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る