私本太平記(八)

シホンタイヘイキ
  • 電子あり
私本太平記(八)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

湊川に繰り広げられた楠木軍の阿修羅の奮戦。さしもの正成も“敗者復活”の足利軍に制圧された。正成の死は、後醍醐方の大堤防の決壊に等しかった。浮き足立つ新田義貞軍、帝(みかど)のあわただしい吉野ごもり。その後の楠木正行、北畠顕家の悲劇。しかし尊氏も、都にわが世の春を謳うとは見えなかった。一族の内紛?勝者の悲哀?彼は何を感じていたか。終章「黒白問答」が、その解答である。


湊川における楠木正成の阿修羅の奮戦――。さしもの正成も“敗者復活”の足利軍に制圧された。正成の死は、後醍醐方の大堤防の決壊に等しく、浮き足立つ新田義貞軍の敗北、帝の慌しい吉野ごもりに繋がる。

目次

  • ■湊川帖(つづき)
  • 隣りなき丘
  • 七生人間
  • 霧の中
  • 袖の色
  • 黒い紅葉
  • 龍と虎
  • 破 局
  • ■黒白帖
  • 国土病む
  • まだ二十一
  • 秋霧の御記
  • 天龍寺船
  • 好色「師直草子」
  • 毒の爛漫
  • 正 行
  • 反 噬
  • 武庫川始末
  • 暗天黒地
  • 血の糸
  • 茨とからたち
  • 彼の番
  • 黒白問答

製品情報

製品名 私本太平記(八)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年04月23日
価格 定価:785円(本体714円)
ISBN 978-4-06-196570-6
判型 A6
ページ数 396ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る