織田信長(5)

オダノブナガホンノウジノマキ
  • 電子あり
織田信長(5)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちでは仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だが──明智光秀、本能寺に主君を弑する。時代を先駆けた不世出の天才は笑って死んだ。完結篇。


信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちで仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だが──明智光秀、本能寺に主君を弑(しい)する。時代を先駆けた不世出の天才は笑って死んだ。完結篇。

製品情報

製品名 織田信長(5)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1987年10月01日
価格 定価 : 本体764円(税別)
ISBN 978-4-06-195014-6
判型 A6
ページ数 444ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る