大江戸遊仙記

講談社文庫
オオエドユウセンキ
  • 電子あり
大江戸遊仙記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

隅田川の川面に吹く心地よい春の風。船にゆられて墨提のお花見を満喫した後は深川で牡丹、谷中で螢を愛でる。せわしない現代の東京から、一気に160年前の江戸の町にタイムスリップ(転時)した中年男と意気で気風(きっぷ)のいい芸者の大江戸遊覧紀行。綿密な考証で江戸に遊び、江戸に学ぶ「大江戸シリーズ」第3弾。(講談社文庫)


江戸情緒に酔う!大好評の大江戸シリ-ズ。
船にゆられて墨堤のお花見を満喫した後は深川で牡丹、亀戸では藤を楽しむ。タイムスリップした中年男と小粋な芸者のいな吉が、のどかな江戸の四季を遊ぶ物語。

隅田川の川面に吹く心地よい春の風。船にゆられて墨提のお花見を満喫した後は深川で牡丹、谷中で螢を愛でる。せわしない現代の東京から、一気に160年前の江戸の町にタイムスリップ(転時)した中年男と意気で気風(きっぷ)のいい芸者の大江戸遊覧紀行。
綿密な考証で江戸に遊び、江戸に学ぶ“大江戸”シリーズ好評第3弾。

目次

朧 月
長谷川町
墨 堤
木 場
亀 戸
蛍 沢
両 国
中 野
三 股
雑司ケ谷


〈参考文献〉
文庫版のためのあとがき

製品情報

製品名 大江戸遊仙記
著者名 著:石川 英輔 解説:繩田 一男
発売日 1993年11月04日
価格 定価 : 本体467円(税別)
ISBN 978-4-06-185341-6
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る