小説 日本興業銀行(3)

講談社文庫
ショウセツニホンコウギョウギンコウ3
  • 電子あり
小説 日本興業銀行(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中山素平は日本興業銀行副頭取に就任した。思えば日本開発銀行へ転出し、設立後の仕事、過労入院、造船疑獄と多難続きだった。輿望を担っての復帰とはいえ、製鉄、油田開発など産業基盤の整備という大仕事が待っていた。しかも師と仰ぐ元総裁河上弘一の訃報。興銀と中山素平の債務は、ますます重い。(講談社文庫)


頭取に就任した中山素平の重い責務と苦悩。産業基盤の整備、企業の体質強化に全力をあげるが、政府・日銀の不協和音、元総裁の死、造船疑獄と多難が続く。いかにして切りぬけたかを描く迫真の経済大河小説。

目次

  • 第十三章 日本開発銀行の設立
  • 第十四章 川崎製鉄千葉計画
  • 第十五章 造船疑獄
  • 第十六章 復帰運動
  • 第十七章 元総裁の死
  • 第十八章 アラビア太郎
  • 第十九章 油田開発の成功
  • 第二十章 三人のロマンチスト

製品情報

製品名 小説 日本興業銀行(3)
著者名 著:高杉 良
発売日 1990年12月04日
価格 定価:586円(本体533円)
ISBN 978-4-06-184778-1
判型 A6
ページ数 312ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る