この夢をこころに ぼくの青春讃歌

講談社文庫
コノユメヲココロニボクノセイシュンサンカ
著:加山 雄三 装丁:菊地 信義 装画:串田 光弘
  • 電子あり
この夢をこころに ぼくの青春讃歌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夢を持ち続けることは、ぼくの生きる証のようなものであった。海と船にかけた夢が、ぼくの人生を鍛えた。不運の時代も超えられた。夢を抱き、それに情熱を傾けていくことは、自分が自分らしく生きていく、何よりのエネルギーではないか。夢にむかって燃えるような心の火を、ともし続けようではないか――光進丸との出会いと青春をはじめ、自分の生きてきた道を身体いっぱいに語りかける、若大将の青春記。


若大将が海に船に自分の夢をぶつけた青春記「海へのあこがれと夢が,ぼくの人生を鍛えた.不運の時代も超えられた.夢にむかって燃えるような心の火をともし続けてほしい」――身体一杯に若者へ語りかける

製品情報

製品名 この夢をこころに ぼくの青春讃歌
著者名 著:加山 雄三 装丁:菊地 信義 装画:串田 光弘
発売日 1986年07月08日
価格 定価 : 本体380円(税別)
ISBN 978-4-06-183776-8
判型 A6
ページ数 250ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る