日本共産党の研究(一)

講談社文庫
ニホンキョウサントウノケンキュウ1
  • 電子あり
日本共産党の研究(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦前の共産党の実態はどうだったか。その成立のいきさつ、コミンテルンによる支配、資金の出所、組織、相次ぐ転向者など──戦時下の弾圧による党崩壊までの激動の歴史を実証的に追い、当時の関係者の証言を記録する。理論や主張としてではなく、生きた人間研究としての初の本格的な通史。全3冊。

目次

  • はじめに
  • 序 章 共産党は変ったか?
  • 第一章 日本共産党の誕生
  • 第二章 第一次壊滅から再建へ
  • 第三章 コミンテルン主導下の再出発
  • 第四章 三・一五の大弾圧
  • 第五章 強化された取締まり体制
  • 第六章 中間検挙と四・一六事件
  • 第七章 共産党のアイデンティティ
  • 第八章 “武装共産党”の時代

製品情報

製品名 日本共産党の研究(一)
著者名 著:立花 隆
発売日 1983年05月09日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-183041-7
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る