中世ヨーロッパの社会観

講談社学術文庫
チュウセイヨーロッパノシャカイカン
中世ヨーロッパの社会観
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人体に、建造物に、蜜蜂に、チェス盤に――
隠喩で捉えられた社会像

中世ヨーロッパは教皇・皇帝という聖俗権力の下の階層秩序的な社会であった。人体諸器官に喩えれば君主は頭、元老院は心臓、胃と腸は財務官と代官、武装した手は戦士、足は農民と手工業者、そしてそれらは魂であるところの聖職者の支配に服する――ほかに建築・蜜蜂・チェスなどを隠喩として社会の構成と役割を説明する中世人の象徴的思考を分析。

目次

  • 序章 隠喩による社会認識
  • 第1章 蜜蜂と人間の社会
  • 第2章 建造物としてのキリスト教社会
  • 第3章 人体としての国家
  • 第4章 チェス盤上の諸身分
  • 終章 コスモスの崩壊

製品情報

製品名 中世ヨーロッパの社会観
著者名 著:甚野 尚志
発売日 2007年06月09日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-159821-8
通巻番号 1821
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:1992年、弘文堂より刊行された『隠喩のなかの中世 西洋中世における政治表徴の研究』を底本とし、改題。

著者紹介

著:甚野 尚志(ジンノ タカシ)

1958年、福島県生まれ。1983年、東京大学大学院人文科学研究科修了。京都大学人文科学研究所を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。ヨーロッパ中世史を専攻。著書に『中世の異端者たち』、『中世ヨーロッパを生きる』(共編著)、『東大駒場連続講義 歴史をどう書くか』(編著)、『西洋中世史料集』(共著)、訳書に『祖国のために死ぬこと』など多数がある。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!