ローマ建国伝説 ロムルスとレムスの物語

講談社学術文庫
ローマケンコクデンセツロムルストレムスノモノガタリ
  • 電子あり
ローマ建国伝説 ロムルスとレムスの物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ローマ建国をめぐる英雄 ロムルスとレムスの生と死

大叔父の謀略により、生後すぐ捨子とされた王家の正系、双子のロムルスとレムス。2人は狼と牧人に養われ、長じて大叔父を討つが、ロムルスとレムスが覇を競い、ロムルスが勝者となってローマを興す――ローマ建国伝説である。この物語を、古代の史書等に拠りつつ、ロムルスの生涯を柱に再話。併せて物語を構成する諸要素を分析し、その意味を探る。

目次

  • 第1章 ロムルスとレムスの誕生
  • 第2章 捨子
  • 第3章 双子を養う牝狼
  • 第4章 牧夫から王子へ
  • 第5章 ローマ建設
  • 第6章 ロムルスの戦争と死

製品情報

製品名 ローマ建国伝説 ロムルスとレムスの物語
著者名 著:松田 治
発売日 2007年05月12日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-159818-8
通巻番号 1818
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1980年に(株)社会思想社から刊行された『ローマ神話の発生 ロムルスとレムスの物語』を改題し、文庫化。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る