人類史のなかの定住革命

講談社学術文庫
ジンルイシノナカノテイジュウカクメイ
  • 電子あり
人類史のなかの定住革命
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 第1章 定住革命
  • 第2章 遊動と定住の人類史
  • 第3章 狩猟民の人類史
  • 第4章 中緯度森林帯の定住民
  • 第5章 歴史生態人類学の考え方――ヒトと植物の関係
  • 第6章 鳥浜村の四季
  • 第7章 「ゴミ」が語る縄文の生活
  • 第8章 縄文時代の人間-植物関係――食料生産の出現過程
  • 第9章 手型動物の頂点に立つ人類
  • 第10章 家族・分配・言語の出現

製品情報

製品名 人類史のなかの定住革命
著者名 著:西田 正規
発売日 2007年03月09日
価格 定価:1,056円(本体960円)
ISBN 978-4-06-159808-9
通巻番号 1808
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1986年、新曜社より『定住革命ー遊動と定住の人類史』として刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る