パリ物語

講談社学術文庫
パリモノガタリ
  • 電子あり
パリ物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

芸術の都、ファッションの都、食の都等と形容されるように、独自の多彩な文化を花開かせたパリ。人を魅了してやまないこの町の魅力の淵源とは何か。その名が紀元前のパリジ族に由来することをはじめとして、歴史を追いつつ、広場、門、駅、キャフェ等、都市空間を構成する諸要素にも注目し、パリの魅力がいかに醸成されたかをさぐる異色の文化史。

目次

  • 1.ローマからパリへ――古典の都から近代の都へ
  • 2.ルテチアからパリへ――パリができるまで
  • 3.パリの母なるセーヌ――河の役割
  • 4.ノートル・ダム大聖堂――パリの中世美術
  • 5.ルーヴル美術館――王宮から美の殿堂へ
  • 6.都市空間の舞台――広場
  • 7.シャトレとエトワール――市門と凱旋門
  • 8.パリ植物園とブーローニュ――都市の中の森
  • 9.オースマンの都市計画――道路網
  • 10.グラン・ブールヴァールの眺め――風俗
  • 11.ブールヴァールの小宇宙――キャフェ
  • 12.ロートレックの晩餐――食卓史
  • 13.グラン・マガザンの登場――百貨店
  • 14.ダンディスムの系譜――ファッション
  • 15.オペラ座とサーカス――芸能
  • 16.近代の神殿――駅
  • 17.エッフェル塔とポン・デ・ザール――塔と橋
  • 18.光の街――街灯
  • 19.世紀の祝祭――万国博覧会
  • 20.争乱のパリと新聞――ジャーナリズム
  • 21.サロン展からアンデパンダン展へ――展覧会
  • 22.レンズの眼に追われた画家たち――写真
  • 23.路地裏の哄笑――風刺画
  • 24.シェレあるいはパリの鏡――ポスター
  • 25.アトリエに集う女たち――フェミニスムと女流芸術家
  • 26.街頭のギャルリー――舗道
  • 27.縁の下の立役者――画商
  • 28.優雅な曲線――椅子
  • 29.モンマルトルからモンパルナスへ――芸術家たちの住み家
  • 30.貞奴とニジンスキー――日本趣味とロシア・バレエ

製品情報

製品名 パリ物語
著者名 著:宝木 範義
発売日 2005年10月09日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-159730-3
通巻番号 1730
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1984年に、新潮社から新潮選書の1冊として刊行された同名の書を文庫化。

著者紹介

著:宝木 範義(タカラギ ノリヨシ)

1944年、東京生まれ。早稲田大学大学院美術史修了。近代美術史、デザイン史専攻。世田谷美術館学芸部長を経て、現在、明星大学造形芸術学部教授。著書に『ウィーン物語』(講談社学術文庫)、訳書に『エミール・ノルデ』、『現代芸術の冒険』、『デッサン技法』、『20世紀美術』などがある。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る