紫式部日記(下)全訳注

講談社学術文庫
ムラサキシキブニッキゲゼンヤクチュウ
  • 電子あり
紫式部日記(下)全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

敦成(あつひら)親王の誕生を中心に御堂関白家の繁栄を描く本書は、最盛期の平安朝宮廷の生活絵巻であり、作者の複雑な心境が吐露される貴重な文献でもある。紫式部は自己を冷厳に凝視し、憂愁に満ちた内面を語り、また、道長との歌の贈答、中宮彰子への新楽府御進講、和泉式部や清少納言などに対する辛口の批評も載せる。多彩な内容を盛り込む特異な日記を丁寧に読み解く。

目次

  • 37 五節(ごせち)は廿日にまゐる
  • 38 寅の日の朝(あした)、殿上人まゐる
  • 39 かからぬ年だに、御覧の日の童女(わらは)
  • 40 侍従の宰相の五節局
  • 41 何ばかりの耳とどむることも
  • 42 臨時の祭の使は、殿の権中将の君
  • 43 師走の二十九日にまゐる
  • 44 つごもりの夜、追儺は
  • 45 正月一日、言忌もしあへず
  • 46 このついでに、人のかたちを
  • 47 若人の中もかたちよしと思へるは
  • 48 斉院に、中将の君という人はべるなり
  • 49 さるは、宮の御心あかぬところなく
  • 50 和泉式部という人こそ
  • 51 かく、かたがたにつけて
  • 52 さまよう、すべて人はおいらかに
  • 53 左衛門(さいも)の内侍(ないし)という人はべり
  • 54 いかに、今は言忌しはべらじ
  • 55 御文にえ書き続けはべらぬことを
  • 56 十一日の暁、御堂へ渡らせたまふ
  • 57 源氏の物語、御前にあるを
  • 58 ことし正月三日まで
  • 59 二日、宮の大饗はとまりて
  • 60 あからさまにまかでて

製品情報

製品名 紫式部日記(下)全訳注
著者名 著:宮崎 莊平
発売日 2002年08月09日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-159554-5
通巻番号 1554
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社学術文庫

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

書店在庫を見る

オンライン書店で見る