紫式部日記(上)全訳注

講談社学術文庫
ムラサキシキブニッキジョウゼンヤクチュウ
  • 電子あり
紫式部日記(上)全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 1 秋のけはひ入り立つままに
  • 2 まだ夜ぶかきほどの月さしくもり
  • 3 渡殿(わたどの)の戸口の局に見いだせば
  • 4 しめやかなる夕暮に
  • 5 播磨の守(かみ)、碁の負けわざしける日
  • 6 八月廿余日(にじふよにち)のほどよりは
  • 7 廿六日、御薫物(たきもの)あはせはてて
  • 8 九日、菊の綿を
  • 9 その夜さり、御前(おまへ)にまゐりたれば
  • 10 十日の、まだほのぼのとするに
  • 11 十一日の暁に、北の御障子(みさうじ)、二間はなちて
  • 12 御いただきの御髪(みぐし)おろしたてまつり
  • 13 午(むま)の時に、空晴れて
  • 14 例の、渡殿(わたどの)より見やれば
  • 15 内裏より御佩刀(みはかし)もてまゐれる
  • 16 御湯殿は酉(とり)の時とか
  • 17 よろづの物くもりなく
  • 18 三日にならせたまふ夜は
  • 19 五日の夜は、殿の御産養(うぶやしなひ)
  • 20 またの夜、月いとおもしろく
  • 21 七日の夜は、おほやけの御産養
  • 22 九日の夜は、春宮(とうぐう)の権の大夫
  • 23 十月十余日までも
  • 24 行幸(ぎゃうがう)近くなりぬとて
  • 25 小少将(こせうしゃう)の君の、文おこせたる
  • 26 その日、あたらしく造られたる船ども
  • 27 御簾の中を見わたせば
  • 28 暮れゆくままに、楽(がく)どもいとおもしろし
  • 29 またの朝に、内裏の御使
  • 30 暮れて月いとおもしろきに
  • 31 御五十日は霜月のついたちの日
  • 32 おそろしかるべき夜の御酔ひ
  • 33 入らせたまふべきことも
  • 34 御前(おまへ)の池に、水鳥どもの
  • 35 入らせたまうは十七日なり
  • 36 よべの御贈物、今朝ぞこまかに

製品情報

製品名 紫式部日記(上)全訳注
著者名 著:宮崎 莊平
発売日 2002年07月10日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-159553-8
通巻番号 1553
判型 A6
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る