唐詩

講談社学術文庫
トウシ
唐詩
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中国古典詩の最高峰といわれる唐詩。本書では、唐詩が作られた7世紀初めからの約300年間を初唐・盛唐・中唐・晩唐の4つの時期に分け、それぞれの時代情況と詩の関係を考察する。例えば、初唐後半を支配した則天武后は文芸に理解を示し、科挙の試験に詩を加えた。以後詩作が知識人の必須の教養となる。盛唐に杜甫・李白を生むゆえんである。漢詩、中国古典愛好家必携の書き下ろし文庫オリジナル。

目次

  • 序章 唐という時代とその詩
  • 第1章 唐詩の源流――古代歌謡から六朝詩(りくちょうし)まで
  • 第2章 初唐の詩――六朝詩より唐詩へ
  • 第3章 盛唐の詩――唐詩の頂峰(ちょうほう)
  • 第4章 中唐の詩――唐詩の中興
  • 第5章 晩唐の詩――夕陽(せきよう)無限に好し
  • 附章 唐詩の韻文形式

製品情報

製品名 唐詩
著者名 著:村上 哲見
発売日 1998年11月10日
価格 定価:1,265円(本体1,150円)
ISBN 978-4-06-159352-7
通巻番号 1352
判型 A6
ページ数 358ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る