東と西の語る日本の歴史

講談社学術文庫
ヒガシトニシノカタルニホンノレキシ
東と西の語る日本の歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人は同じ言語・人種からなるという単一民族説にとらわれすぎていないか。本書は、日本列島の東と西に生きた人々の生活や文化に見られる差異が歴史にどんな作用を及ぼしてきたかを考察し、考古学をはじめ社会・民俗・文化人類等の諸学に拠りながら、通説化した日本史像を根本から見直した野心的な論考である。魅力的な中世像を提示して日本の歴史学界に新風を吹き込んだ網野史学の代表作の1つ。

目次

  • 1 はじめに
  • 2 「ことば」と民俗――東と西の社会の相違――
  • 3 考古学からみた東と西
  • 4 古代の東国と西国
  • 5 「しゅう馬の党」と「海賊」
  • 6 東の将門(まさかど)、西の純友(すみとも)
  • 7 源氏と平氏――東北・東国戦争と西海の制覇
  • 8 東国国家と西国国家
  • 9 荘園・公領の東と西
  • 10 イエ的社会とムラ的社会
  • 11 系図にみる東西
  • 12 東は東、西は西
  • 13 東と西を結ぶもの
  • 14 東国と九州、西国と東北
  • 15 東の文化と西の文化

製品情報

製品名 東と西の語る日本の歴史
著者名 著:網野 善彦
発売日 1998年09月10日
価格 定価 : 本体1,130円(税別)
ISBN 978-4-06-159343-5
通巻番号 1343
判型 A6
ページ数 340ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス