数学的思考

講談社学術文庫
スウガクテキシコウ
著:森 毅
数学的思考
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「数学ができる子は頭がいい」のか。それとも「数学などやるやつは頭が少しおかしい」のか。世の中に行き交う7つの「数学迷信」の由来をたずねて、著者は古代ギリシャから現代数学への道筋を辿る。人はなぜ、この抽象的・観念的な思考法を必要としてきたのか。現代の科学・技術文明を生むにいたった数学的思考の本来の在り方を問い直し、歪みの多い数学教育問題の急所に、犀利な切っ先を突きつける。

目次

  • 1 数学についての7つの迷信
  •   1.科学と迷信
  •   2.迷信その1 数学は諸学の根源である
  •   3.迷信その2 数学はものの訳にはたたない
  •   4.迷信その3 数学のできる子は頭がよい
  •   5.迷信その4 数学をやる人間は頭がおかしい
  •   6.迷信その5 数学は純粋形式による観念の産物である
  •   7.迷信その6 数学は生産技術の道具であればよい
  •   8.迷信その7 数学は永遠不変である
  •   9.迷信の由来
  • 2 迷信はどうして生まれたか
  •   1.ギリシャ精神の起源
  •   2.ギリシャの栄光と没落
  •   3.もう1つの不明瞭な世界
  •   4.ヨーロッパの誕生
  •   5.ヨーロッパ的教養
  •   6.数学観の形成
  •   7.それがどうして、迷信となりえたか
  • 3 現代の数学と数学教育
  •   1.抽象性と形式性
  •   2.公理主義の真の意味
  •   3.論理と形式
  •   4.ブルバキズム
  •   5.「技術革新」の「要求」
  •   6.「応用数学」の変質
  •   7.「応用数学」から「数理科学」へ
  •   8.数学的プラグマティズム
  •   9.教育の現代化
  •   10.日本の現実
  • 4 数学教育の遺骸
  •   1.遺骸るいるい
  •   2.「算術」の遺骸
  •   3.「代数」の遺骸
  •   4.「幾何」の遺骸
  •   5.「三角法」の遺骸
  •   6.「解析幾何」の遺骸
  •   7.「高等代数」の遺骸
  •   8.「微積分」の遺骸
  •   9.遺骸の処理
  • 5 数学の方法
  •   1.数学の定式化
  •   2.空間の客体化
  •   3.数学者の思考
  •   4.粒子と連続
  •   5.数学的実体
  •   6.一般と特殊
  •   7.形式性の意味
  • 6 数学教育の現代化
  •   1.科学教育として――量の体系
  •   2.技術の体系化――水道方式
  •   3.定式化の形象――シェーマ
  •   4.空間と図形の科学――方眼と折れ線
  •   5.量と構造
  •   6.変化の解析
  •   7.集団

製品情報

製品名 数学的思考
著者名 著:森 毅
発売日 1991年07月05日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-158979-7
通巻番号 979
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス