神々の国の首都

講談社学術文庫
カミガミノクニノシュト
神々の国の首都
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「人も物もみな、神秘をたたえた、小さな妖精の国」と日本を初めて訪れた八雲は、感嘆の声をあげた。出雲の松江という「神々の国の首都」での彼の見聞記は、人々の日常生活の中に分け入って、深くその心を汲みとろうという姿勢で貫かれ、みずみずしい感動と相まって、見事な文学作品にまで昇華されている。旧(ふる)い日本と新しい日本が交錯する明治20年代の風物や風習、人々の姿を鮮やかに描いた名著。

目次

  • ・東洋の土を踏んだ日
  • ・地蔵
  • ・盆踊り
  • ・神々の国の首都
  • ・杵築(きづき)
  • ・加賀(かか)の潜戸(くけど)
  • ・美保関にて
  • ・心中
  • ・八重垣神社
  • ・狐
  • ・日本の庭で
  • ・家庭の祭屋
  • ・さようなら

製品情報

製品名 神々の国の首都
著者名 著:小泉 八雲 編:平川 祐弘
発売日 1990年11月05日
価格 定価:1,496円(本体1,360円)
ISBN 978-4-06-158948-3
通巻番号 948
判型 A6
ページ数 396ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス