数学の歴史

講談社学術文庫
スウガクノレキシ
著:森 毅
数学の歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

数学は勝れて抽象的な学問である。しかし、だからといって数学が社会や世俗の人間活動から孤立して発展してきたわけでなはい。また数学者が、その人間的関心の全てを二六時中数学に集中し続けているわけでもない。それが証拠に、確率論は賭博と縁が深い。という次第で、著者は、〈数学〉を主人公にしながらも〈社会〉を断念しない数学史の記述という難題に挑んだ。あふれる機知と興味深い逸話の数々。比類のない人間臭い数学史の成立。

目次

  • 序 なんのために、数学の歴史はあるのか
  • 1 なにゆえに、数学はギリシアに始まった、といわれるのか
  • 2 いかにして、ギリシア数学はつくられたか
  • 3 なにをもって、ギリシアは「偉大」であったか
  • 4 いかにして、古代世界は数学を失ったか
  • 5 なにゆえに、中世の数学史を語ることは、困難なのか
  • 6 いえなる時代が、新しい数学にふさわしかったか
  • 7 いかなる数学が、新しい時代にふさわしかったか
  • 8 いかにして、新しい時代の新しい数学は始められたか
  • 9 なにをもって、デカルトは「英雄時代」を代表しうるか
  • 10 いかにして、解析学は成立したか
  • 11 なにゆえに、啓蒙時代は科学時代ではなかったのか
  • 12 なにを、18世紀は準備していたか
  • 13 なにをもって、ガウスは18世紀と19世紀を分かつのか
  • 14 なにを、資本主義は数学にもたらしたか
  • 15 いかにして、現代数学の基本概念は用意されていたか
  • 16 なにゆえに、19世紀数学は現代に比して「古典的」か
  • 17 なにゆえに、集合論が「革命的」であったのか
  • 18 なにゆえに、数学は「抽象化」したか
  • 19 いかに、「抽象数学の時代」は総括されねばならなかったか
  • 20 いかに、数学は現代につきささっているか

製品情報

製品名 数学の歴史
著者名 著:森 毅
発売日 1988年09月05日
価格 定価:1,056円(本体960円)
ISBN 978-4-06-158844-8
通巻番号 844
判型 A6
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス