伊勢物語(下)

講談社学術文庫
イセモノガタリ
伊勢物語(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この天福本「伊勢物語」は家集でも日記でもない歌物語である。が、百に余る歌物語を書き並べる時、それらを綴り合わせる一筋の糸を、ある男の生涯の流れに求めた。したがって上巻には青年期の純情な一途の思慕と流浪のロマンがあった。下巻としておさめた所に見られるのは、人生経験からにじむ思いやりの中で屈折する熱い情と、年月の中で衰えて行く生命の滅びの歌の哀感である。生きる日をかさねるにつれて長く読者の共感を誘うと思う。

目次

  • 71.ちはやぶる
  •   72.大淀の松は
  •   73.目には見て
  •   74.岩ねふみ
  •   75.大淀の
  •   76.大原や
  •   77.春の別れを
  •   78.あかねども
  •   79.千尋ある影を
  •   80.濡れつつぞ
  •   81.塩竈(しほがま)に
  •   82.春の心は
  •   83.草ひき結ぶ
  •   84.さらぬ別れの
  •   85.雪のつもるぞ
  •   86.おのがさまざま
  •   87.つげの小櫛も
  •   88.月をもめでじ
  •   89.人知れず
  •   90.桜花
  •   91.春のかぎりの
  •   92.棚なし小舟
  •   93.あふなあふな
  •   94.秋の夜は
  •   95.彦星に
  •   96.木の葉ふりしく
  •   97.老いらくの
  •   98.わがたのむ
  •   99.見ずもあらず
  •   100.こは忍ぶなり
  •   101.咲く花の
  •   102.そむくとて
  •   103.ねぬる夜の
  •   104.世をうみの
  •   105.白露は
  •   106.竜田河
  •   107.涙河
  •   108.風吹けば
  •   109.人こそあだに
  •   110.思ひあまり
  •   111.まだ見ぬ人を
  •   112.須磨のあまの
  •   113.ながからぬ
  •   114.翁さび
  •   115.おきのゐて
  •   116.はまびさし
  •   117.岸の姫松
  •   118.玉かづら
  •   119.形見こそ
  •   120.筑摩の祭
  •   121.鶯の
  •   122.井手の玉水
  •   123.年を経て
  •   124.思ふこと
  •   125.つひにゆく
  • 1 定家本にない章段
  •   1.伝為氏本より
  •     1.降りくらし
  •     2.せがゐの水を
  •     3.かつ見る人や
  •     4.雲ゐの峰し
  •     5.中空に
  •     6.今はとて
  •     7.春の日の
  •   2.伝為氏本巻末所載の小式部内侍本より@##

製品情報

製品名 伊勢物語(下)
著者名 訳:阿部 俊子
発売日 1979年09月06日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-158415-0
通巻番号 415
判型 A6
ページ数 242ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス