新版 有機化学のための分子間力入門

シンパンユウキカガクノタメノブンシカンリョクニュウモン
新版 有機化学のための分子間力入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

弱い相互作用こそ重要である
20世紀の有機化学の主流は共有結合の化学であった。21世紀は分子間力の化学、超分子と分子集合体の時代になるだろう。比較的単純な分子を素子として高次機能をもつ超分子構造を作ることである。有機化学の目標の1つは、分子間力を念頭に基本となる分子単位を設計し、外部環境(電場、磁場、光、圧力、温度、pHなど)の変化に応じて集合体の構造や機能を変えることのできる「分子」を合成することになる。生命科学についていえば、タンパク質や核酸、脂質や多糖類など生体高分子の構造解明は、新しい生物学を構築するために必須の足場だが、そこに関わる分子間力の内容を詳しく吟味し、作用の機構を知ることによりはじめて新しい生物学に値するものになる。たとえば有用な薬物を設計するには、分子の「カギ穴」に当たる酵素や受容体の構造を原子レベルで正確に知り、そこで有効に機能できる分子の「カギ」を組み立てなければならない。――<本書「おわりに」より>

目次

  • 1.物質と化学的結合力
  • 2.分子間相互作用の基礎
  • 3.静電相互作用とファンデルワールスカ
  • 4.水素結合
  • 5.CH/n水素結合、XH/π水素結合
  • 6.CH/π水素結合
  • 7.分子間相互作用の特徴
  • 8.分子間相互作用の研究方法
  • 9.立体配座と旋光現象
  • 10.超分子の化学
  • 11.自己構造形成
  • 12.分離の化学
  • 13.有機反応の立体選択性
  • 14.構造生物学の基礎
  • 15.生体反応の特徴
  • 16.生命科学と分子間力

製品情報

製品名 新版 有機化学のための分子間力入門
著者名 著:西尾 元宏
発売日 2008年04月04日
価格 定価 : 本体4,200円(税別)
ISBN 978-4-06-154346-1
判型 A5
ページ数 256ページ