これが現象学だ

講談社現代新書
コレガゲンショウガクダ
著:谷 徹
これが現象学だ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代哲学の大きな潮流をなす現象学とはそもそも何なのか。空虚になった学問の危機を克服し、人間の直接経験から出発して世界に至る思想の全貌を解説!

あなたと私が現象学だ――現象学の具体的な内容に踏み込む前に、フッサールが好んだ言葉を2つ引いておきたい。ひとつは「自分自身で考える人」(Selbstdenker)という言葉であり、この言葉で、フッサールは自分が尊敬する哲学者を称賛した。もうひとつは「ともに哲学する」(synphilosophein)という言葉であり、この言葉で、フッサールは自分が仲間だと思う人々に呼びかけた。「自分自身で……」と「ともに……」という2つの言葉は、一見すると、互いに矛盾するように思われるかもしれない。ところが、そうではない。
……彼は1916年にフライブルク大学に移り、そこで若きハイデガーと出会った。しばらくしてフッサールはハイデガーの哲学的・現象学的な素質の大きさに気づく。彼は真に「ともに哲学する」パートナーを見つけたと信じた。彼はハイデガーに言った。「あなたと私が現象学だ」――本書・

目次

  • ●あなたと私が現象学だ
  • ●現象学の誕生
  • ●現象学の学問論
  • ●直接経験とは何か
  • コーヒーブレイク――日本語の数詞と助数詞
  • コーヒーブレイク――名探偵の個体論
  • ●世界の発生と現象学
  • ●時間と空間の原構造
  • ●他者の現象学
  • コーヒーブレイク――超越論的自我は自転車に乗れるか
  • (抜粋)

製品情報

製品名 これが現象学だ
著者名 著:谷 徹
発売日 2002年11月15日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-149635-4
通巻番号 1635
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス