播磨灘物語(2)

講談社文庫
ハリマナダモノガタリ
播磨灘物語(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ぜひ播州に兵を、信長に乞う官兵衛。一方、毛利氏は広島から播州英賀の浦に水軍を上陸させたが、官兵衛は偽装作戦でこれを追い払った。毛利は説客を送って播州勢力へ工作するが‥‥。〈全四巻〉


天正6年、秀吉は再び播州へ。対毛利の軍議を加古川に練る。説いてまわる黒田官兵衛。中国の縦横家に似た遊説家は日本の戦国期彼一人といえる。本巻では、竹中半兵衛が官兵衛とはじめて会う。そして荒木村重の信長への謀叛は、官兵衛を恐怖に陥れる。主家、御着城の小寺氏が村重になびくのではないか、と。〈全四巻〉

製品情報

製品名 播磨灘物語(2)
著者名 著:司馬 遼太郎
発売日 1978年04月12日
価格 定価:586円(本体533円)
ISBN 978-4-06-131451-1
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る