「平成日本サッカー」秘史 熱狂と歓喜はこうして生まれた

講談社+α新書
ヘイセイニホンサッカーヒシネッキョウトカンキハコウシテウマレタ
  • 電子あり
「平成日本サッカー」秘史 熱狂と歓喜はこうして生まれた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

かつては閑古鳥が鳴いていたサッカースタジアムを、プロ化、国際化で超満員にした立役者が語る「あの日、あの時」。平成とは、日本サッカーが奇跡の躍進を遂げた30年だった!


国際派サッカー人であり日本サッカーのプロ化、国際化を牽引した日本サッカー協会元会長によるオーラルヒストリー。
時代の変化に対応したプロ化(Jリーグ発足)、国際政治案件であるワールドカップの自国開催(2002日韓ワールドカップ共催)を成し遂げた舞台裏が今解き明かされる。
ドーハの悲劇、マイアミの奇跡、ジョホールバルの歓喜、W杯日韓共催、岡田ジャパンの活躍、女子W杯なでしこジャパン優勝、東日本大震災etc.
絶望と歓喜、悲嘆と復興--本当に「負けられない戦い」は、ピッチの外にあった!

まえがき~平成とサッカー
第一章 平成の大事業 プロリーグを作る
第二章 平成前史「昭和サッカー」覚え書き
第三章 1993年 Jリーグ開幕とドーハの悲劇
第四章 1998年 仏W杯予選の舞台裏
第五章 2002年 日韓ワールドカップ開催
第六章 2011年 女子W杯ドイツ大会なでしこ優勝
第七章 社会インフラとしてのサッカー
第八章 黒いワールドカップ FIFAスキャンダル
第九章 平成サッカー人からの遺言状
あとがき
年表~日本サッカー平成時代の歩み

目次

  • まえがき 平成とサッカー
  • 第一章 平成の大事業 プロリーグを作る
  • 第二章 平成前史「昭和サッカー」覚え書き
  • 第三章 1993年 Jリーグ開幕とドーハの悲劇
  • 第四章 1998年 仏W杯予選の舞台裏
  • 第五章 2002年 日韓ワールドカップ開催
  • 第六章 2011年 女子W杯ドイツ大会なでしこ優勝
  • 第七章 社会インフラとしてのサッカー
  • 第八章 黒いワールドカップ FIFAスキャンダル
  • 第九章 平成サッカー人からの遺言状
  • あとがき
  • 年表 日本サッカー平成時代の歩み

製品情報

製品名 「平成日本サッカー」秘史 熱狂と歓喜はこうして生まれた
著者名 著:小倉 純二
発売日 2019年04月13日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-515955-2
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:小倉 純二(オグラ ジュンジ)

おぐら・じゅんじ――1938年、東京都生まれ。62年、早稲田大学政治経済学部卒業、古河電工業入社。81年から6年間は同社ロンドン駐在員事務所長に就き、日本サッカー協会(JFA)の国際委員としても活躍。帰国後同社サッカー部部長を務めた。88年には日本サッカーリーグ(JSL)第2次活性化委員会委員長としてプロ化を推し進め、Jリーグ発足の礎を築く。その後、日本サッカー協会の国際委員会委員長、同専務理事、同第12代会長、アジアサッカー連盟(AFC)理事、国際サッカー連盟(FIFA)理事、東アジアサッカー連盟(EAFF)会長などを歴任。その間、2002年FIFAワールドカップ日本招致、11年FIFA女子ワールドカップドイツ大会優勝など、日本サッカーの国際化と活躍を牽引した。現在、日本サッカー協会最高顧問。

オンライン書店で見る