格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方

講談社+α新書
カクサトカイキュウノミライチョウフユウソウトシンカリュウソウシカイナクナルセカイノイキヌキカタ
  • 電子あり
格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

もうすぐ日本人の大半が年収180万円の下流層に転落する時代がやってくる。世界中で大量発生してくる「新下流層」によって次の経済成長が始まる。だったら、あなたが下流層に転落しないためには、この方法しかない…! 「格差の歴史」を学べば、お金の増やし方がわかる! 転落しないために知りたい、21世紀のお金の基本法則。


もうすぐ日本人の大半が年収180万円の下流層に転落する時代がやってくる。
世界中で大量発生してくる「新下流層」によって次の経済成長が始まる。
だったら、あなたが下流層に転落しないためには、この方法しかない…!

「格差の歴史」を学べば、お金の増やし方がわかる!
転落しないために知りたい、21世紀のお金の基本法則

格差と階級の未来を、「格差の起源」までたどって描き出す野心作。
格差は農耕社会の誕生とともに始まり、領主・貨幣・金利の誕生によって拡大した。
機械化とIT化、さらにこれからはAIが普及して労働資本は儲からないものになり、資本家に富が極限まで集中していく。
長い歴史を通じ、この基本法則はますます堅固になる。
しかし、この法則そのものの中に、あなたが「新資本家階級」になる方法が隠されている。
それはいったい何か?

目次

  • 富の食物連鎖
  • 現代社会の格差
  • 資本主義と搾取の仕組み
  • サラリーマンのための資本論
  • 資本家から見た「仕事消滅」
  • 新下流層拡大へ向かう世界
  • 21世紀の投資理論
  • お金の新しい基本法則

製品情報

製品名 格差と階級の未来 超富裕層と新下流層しかいなくなる世界の生き抜き方
著者名 著:鈴木 貴博
発売日 2019年01月19日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-514171-7
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:鈴木 貴博(スズキ タカヒロ)

経営戦略コンサルタント。東京大学工学部卒。ボストンコンサルティンググループ等を経て2003年に独立。過去20年にわたり大手人材企業のコンサルティングプロジェクトに従事。人工知能がもたらす「仕事消滅」の問題と関わるようになる。
著書に『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』(講談社+α新書)、『「AI失業」前夜――これから5年、職場で起きること』(PHPビジネス新書)他がある。経済評論家としてメディアなど多方面で活動している。

関連シリーズ

オンライン書店で見る