儚 市川染五郎

ハカナイイチカワソメゴロウ
  • 電子あり
儚 市川染五郎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

高麗屋三代襲名――祖父・二代目松本白鸚、父・十代目松本幸四郎とともに、八代目市川染五郎を襲名した著者。その13歳の素顔、決意、希望を、操上和美氏による撮り下ろし写真、新井敏記氏による独占インタビューで、あますところなく伝える。カラー80ページで見応えもたっぷり。2017年7月の襲名前夜から、2018年11月の京都南座柿葺落公演までの500日に密着した写文集。

目次より――
一 在る
  まえがき
二 旅する
三 紐解く
  高麗屋箱
  父からの手紙
  稽古と化粧
  獅子を舞う
  弁慶役者への憧憬
  ハムレットを読む
  犬丸座へようこそ
  妹からの手紙
  東大寺行
四 描く
五 装う
六 語る
  高麗屋家系図
  八代目市川染五郎の軌跡

目次

  • 在る
  • まえがき
  • 旅する
  • 紐解く
  • 描く
  • 装う
  • 語る

製品情報

製品名 儚 市川染五郎
著者名 著:市川 染五郎 写真:操上 和美 文:新井 敏記
発売日 2018年11月01日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-512581-6
判型 A5
ページ数 144ページ
初出 「二 旅する」「三 紐解く」は、『SWITCH』2017年11月号「襲名前夜 松本金太郎」の記事を再構成しました。

著者紹介

著:市川 染五郎(イチカワ ソメゴロウ)

市川染五郎(いちかわそめごろう)
歌舞伎役者。2005年3月、東京都生まれ。
2007年6月、歌舞伎座『侠客春雨傘』高麗屋齋吉役で、本名の藤間齋として初お目見得。2009年6月、歌舞伎座『門出祝寿連獅子』童のちに孫獅子の精役で、四代目松本金太郎を名乗り初舞台を踏む。そして、2018年1月、歌舞伎座『勧進帳』源義経役他で、八代目市川染五郎を襲名。祖父・二代目松本白鸚、父・十代目松本幸四郎とともに高麗屋三代襲名披露を行う。

写真:操上 和美(クリガミ カズミ)

操上和美(くりがみかずみ)
写真家。1936年北海道生まれ。
ファッション、広告の分野を中心に、フィルムディレクターとしても活躍を続ける。講談社出版文化賞写真賞、毎日デザイン賞、日本宣伝賞山名賞などを受賞。おもな写真集に、『NORTHERN 操上和美写真集』(スイッチ・パブリッシング)、『陽と骨』(PARCO出版)など。

文:新井 敏記(アライ トシノリ)

新井敏記(あらいとしのり)
編集者、作家。1954年茨城県生まれ。
1985年『SWITCH』、2004年『Coyote』、2013年『MONKEY』を創刊し、3誌の編集長、発行人を務める。2015年、伊丹十三賞を受賞。著書に、『人、旅に出る「SWITCH」インタビュー傑作選』(講談社、のち『SWITCH STORIES 彼らがいた場所』―新潮文庫―と改題)など。

オンライン書店で見る