はだかの起原 不適者は生きのびる

講談社学術文庫
ハダカノキゲンフテキシャハイキノビル
  • 電子あり
はだかの起原 不適者は生きのびる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

裸は適応的な進化だったはずはない――。では、ヒト科ではただ一種だけの例外的な形質、生存のためには圧倒的に不利な裸化は、なぜ起こったのか、そしてそれは人類誌のなかで、いつのことなのか。
一方で、ハダカデバネズミ、ハダカオヒキコウモリなど、同様にごく少数の裸小型哺乳動物は、それぞれが独特の生態を身につけるに到った。では、人類が獲得した、生きのびるための術とは?
ダーウィンの自然淘汰説や人類海中起原説などこれまでの説を批判的に検討し、遺伝学・生物学などの成果を参照しつつ、ホモ・サピエンスの特質の起原を探る。

目次

  • 第一章 ヒトの裸の皮膚は自然淘汰では説明できない
  • 第二章 ダーウィンは変だ
  • 第三章 ダーウィンは裸の起原を解明できない
  • 第四章 裸の獣
  • 第五章特別な裸の獣たち
  • 第六章 裸体化仮説
  • 第七章 人類海中起原説
  • 第八章 突然変異による裸の出現と不適者の生存
  • 第九章 火と家と着物と
  • 第十章 ネアンデルタールの家
  • 第十一章 裸の人類はどこで、いつ出現したのか
  • 第十二章 重複する不適形質を逆転する鍵は?

製品情報

製品名 はだかの起原 不適者は生きのびる
著者名 著:島 泰三
発売日 2018年05月10日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-511641-8
通巻番号 2497
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は2004年に木楽舎から刊行されました。

著者紹介

著:島 泰三(シマ タイゾウ)

1946年生まれ。東京大学理学部人類学教室卒業。理学博士。マダガスカル国五等勲位シュバリエ。現在はNGO日本アイアイ・ファンド代表。著書に『親指はなぜ太いのか』『ヒト』『孫の力』『安田講堂』(以上、中公新書)、『アイアイの謎』(どうぶつ社)、『なぞのサル アイアイ』(福音館「たくさんのふしぎ」)などがある。

お知らせ・ニュース

お知らせ
学術文庫が大きな文字になった! 「大文字版オンデマンド」サービス開始
長年にわたりご愛読いただいている講談社学術文庫ですが、「もっと大きな文字にして欲しい」という要望が多く寄せられています。
そこでこのたび、読者にみなさまの声にお応えして「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」サービスを開始いたします。

最新のプリントオンデマンド技術により、内容・品質を保ちながら、
文庫の版面を四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本します。
ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の書目のうち約600書目を当初ラインナップとして用意いたします。
(サービス開始日現在で400点強を販売。近日中に約600点となる予定です)
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【講談社学術文庫40周年】1976~2002年の名著20点を「特別復刊!」
講談社学術文庫は、2016年で40周年を迎えました。40周年の節目を記念して、読者から復刊のリクエストが多かった書目を中心に、20点の名著を復刊しました。いずれも読者の方々に長く愛読されたものばかりですが、現在入手しづらくなっている良著です。

オンライン書店で見る