核兵器と原発 日本が抱える「核」のジレンマ

講談社現代新書
カクヘイキトゲンパツニホンガカカエルカクノジレンマ
  • 電子あり
核兵器と原発 日本が抱える「核」のジレンマ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人類滅亡まであと2分半――。

世界終末時計が
63年ぶりとなる「危機的状況」を指している今、
私たちはどうすればいいのか。

原子力委員会の元委員長代理が
はじめて明かした、日本の「核」の真実!

-----

北朝鮮の「核の脅威」にわれわれはどう対峙すべきか?

「核の傘」は日本国民を本当に守ってくれるのか?

世界の原子力産業は衰退期に入ったのに、
なぜ自民党はその流れに「逆行」するのか?

-----

今、日本の原子力政策は、福島事故の教訓を忘れ、
限界と矛盾に満ちたまま、前に進もうとしている。

それに加え、核兵器廃絶という、被爆国日本が
もっとも熱心に取り組まなければならない課題への
大きな障害にもなっている。

一方で、北朝鮮の核の脅威が迫る中、
米・韓・日は制裁に加え軍事圧力を強めており、
北朝鮮情勢はこれまででもっとも緊迫した事態を迎えている。

これに対して、日本や韓国からは、
「米国の拡大核抑止力(核の傘)」をさらに強めてほしいとの
要請が続き、一部には「独自の核抑止力を持つべき」との
意見まで出始めている。

だが、私たちは挑発に乗るのではなく、
冷静に考えてみる必要があるのではないだろうか。

本書は、核分裂のしくみから、核軍縮の国際的枠組みに至るまで、
幅広い課題を扱っている。北朝鮮の核問題、トランプ大統領の登場など、
最新の課題も取り扱うことができた。

本書が日本の抱える「核」のジレンマについて、
少しでも理解を深めるきっかけになれば幸いである。

-----

【本書の内容】
第1章 巨大エネルギーの「光と影」
――核兵器と原発の密接な関係
第2章 衰退期に入った世界の原子力産業
――原発の何が問題なのか
第3章 63年ぶりに危機的状況となった「終末時計」
――「核の脅威」にどう対処すべきか
第4章 「核の傘」は神話に過ぎない
――「核抑止」論から脱却するには

目次

  • 第1章 巨大エネルギーの「光と影」
  • ――核兵器と原発の密接な関係
  • 第2章 衰退期に入った世界の原子力産業
  • ――原発の何が問題なのか
  • ・第1節 原子力発電の現状
  • ・第2節 福島事故とその教訓
  • ・第3節 逆行する自民党
  • ・第4節 夢の原子炉「もんじゅ」の失敗
  • ・第5節 プルトニウムは「負債」
  • 第3章 63年ぶりに危機的状況となった「終末時計」
  • ――「核の脅威」にどう対処すべきか
  • ・第1節 核兵器の歴史と現状
  • ・第2節 新たな核の脅威
  • ・第3節 核兵器廃絶に向けた潮流
  • 第4章 「核の傘」は神話に過ぎない
  • ――「核抑止」論から脱却するには

製品情報

製品名 核兵器と原発 日本が抱える「核」のジレンマ
著者名 著:鈴木 達治郎
発売日 2017年12月14日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288458-7
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:鈴木 達治郎(スズキ タツジロウ)

すずき・たつじろう 1951年大阪市生まれ。長崎大学核兵器廃絶研究センター センター長・教授。1975年東京大学工学部原子力工学科卒業、1979年マサチューセッツ工科大学プログラム修士修了。工学博士(東京大学)。ボストン・コンサルティング・グループ職員、財団法人電力中央研究所 社会経済研究所研究員、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授等を経て、2010年1月から2014年3月まで内閣府原子力委員会委員長代理を務めた。核兵器と戦争の根絶を目指す科学者集団「パグウォッシュ会議」評議員。新聞・月刊誌・ウェブ媒体等への寄稿のほか、『核のない世界への提言:核物質から見た核軍縮』(法律文化社/監訳)、『アメリカは日本の原子力政策をどう見ているか』(岩波ブックレット/共編)などがある。

オンライン書店で見る