昭和陸軍全史 3 太平洋戦争

講談社現代新書
ショウワリクグンゼンシ3タイヘイヨウセンソウ
  • 電子あり
昭和陸軍全史 3 太平洋戦争
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本を破滅へと導くことになった陸軍の独断専行はなぜ起きたのか? 彼らはいかなる思想の元に行動したのか? 日本陸軍という日本の歴史上、特異な性質を持った組織がいかに形成され、ついには日本を敗戦という破滅に引きずり込みながら自らも崩壊に至ったのか? 日中戦争未解決のまま勝算なき対米戦へ突入、リーダーなき陸軍は迷走を続け、膨大な数の犠牲者を出し日本は無条件降伏する。全3巻完結!! (講談社現代新書)

目次

  • プロローグ───第二次世界大戦の開始と武藤章陸軍省軍務局長の就任 ──「綜合国策十年計画」の策定
  • 第一章 ドイツの西方攻勢と南方武力進出の衝動
  • 第二章 第二次近衛内閣と日独伊三国同盟の締結
  • 第三章 田中新一参謀本部作戦部長の登場と日英米関係の展開
  • 第四章 日ソ中立条約と日米諒解案
  • 第五章 独ソ戦の衝撃
  • 第六章 南部仏印進駐と対日全面禁輸
  • 第七章 日米交渉と戦争決意
  • 第八章 東条英機内閣の成立と国策再検討
  • 第九章 日米開戦
  • 終章 敗戦──昭和陸軍の消滅
  • 『昭和陸軍全史』(全三巻)後記
  • 略年表
  • 参考文献
  • あとがき

製品情報

製品名 昭和陸軍全史 3 太平洋戦争
著者名 著:川田 稔
発売日 2015年06月18日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-288319-1
判型 新書
ページ数 456ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る